みんなの合格体験記★kyoさんの場合

移動時間を効果的に使っての合格。やぱりいいでしょ音声講義。でねあれってね一人で収録しているんですっ!!!

kyoさん

会社で店舗開発部に異動し、契約関係に携わることに…
建築知識など、分からないことも多かったので勉強がてら、チャレンジしてみることに。

最初は大手通信講座(○○ー○イト)で勉強するも撃沈。
(暗記してくださいばかりでした…)

移動時間に音声を聞きながら勉強したいなと思い、音声講義があるものを探していたところ、宅建ダイナマイトと出会いました。

運命の出会いでした。

しかし。
宅建ダイナマイト初年度は勉強するも、34点で惜敗…

今年こそはとの思いでセミナー(キンたく)にも参加することに。

重要な所をピンポイントで分かりやすく解説していただき、今まで勉強してきたところの復習も同時にできて、中身の非常に濃いセミナーだと思いました

後は繰り返し問題(ベストセレクト問題集)をひたすら解いて当日を迎えました。

結果2018年試験はギリギリ合格できました!

3年越しの夢だっただけに、合格できて本当に嬉しかったです!

kyoさん
合格体験記どうもありがとうございます。
先日の「キンたく打ち上げ飲み会」の幹事も引き受けてくださいまして、ありがとうございました。
おかげさまで楽しい夜でした。

あらためまして、合格おめでとうございます。

移動時間に音声講義をご活用くださり、ありがとうございました。
講師冥利に尽きます!!

もしかしたら、今の時代だからこそ「音声コンテンツ」というのがいいのかも。
情報過多の時代だけど、でも「耳」は空いていることが多いですもんね。

講師大澤茂雄
おーさわ

これが「動画」だと、見なきゃダメだし、どっかに座ったりしなきゃね。
なので音声としました。
ラジオ番組・パーソナリティーのつもりでやってまぁーす。

そんなこんなで、かれこれ30年以上。
でね。
みんなに驚かれるんだけど、あれ、たった一人で壁(マイク)に向かって収録しております。
あはは。

で、そうそう。
楽しかったですよね、キンたく。

ちなみにですが。
8月からは金曜夜の宅建講座だったので、略してキンたく。
4月からの月曜の夜の宅建講座は、略してマンたく。

用語解説「マンたく」とは

講師大澤茂雄
おーさわ

正式名称:インプレス宅建士2019合格講座★総合学習ゼミ
例年4月からはじまる、インプレス主催の定番の宅建受験講座。
月曜の夜19:30〜21:30で全24回。
マンデー(月曜)の宅建講座なので、略して「マンたく」。
なお、インプレスさんはこの略称を使っていません。
宅建ダイナマイト側だけが使っているスラングなのだ(笑)

用語解説「キンたく」とは

講師大澤茂雄
おーさわ

正式名称:インプレス宅建士2018合格講座★短期演習ゼミ
例年8月からの短期集中の宅建講座。
金曜の夜19:30〜21:30で全12回。
インプレス宅建士の受験講座は、当初は「マンたく」しかやっていなかったが、「夏からやってよセンセー」という宅建ダイナマイターズ女子ーズの声に応えるというノリで2017年からスタート。
金曜の宅建講座なので、略して「キンたく」。

チェック!

月曜はマンデーだから「マンたく」とするのであれば、金曜はフライデーだから「フラたく」とすべきではないかという指摘もあるが、それじゃつまらない(エッチな感じがしない)ということで「キンたく」とした模様(というか、した・笑)。
もちろんインプレスさんはこの略称も使っていません(笑)。

晴れて宅建士になられましたら、またみんなでワーキャー、飲み会やりましょうね。
今後ともお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

旧ブログ(2019年2月まで)はこちら

大澤茂雄

投稿者: 大澤茂雄

正直に申します。私は「宅建受験講座」が大好きです。もうちょっと具体的にいいますと、「宅建受験講座」で取り扱う「法律」が好きです。民法をはじめ借地借家法、区分所有法、不動産登記法。そして宅建業法から、都市計画法や建築基準法などなど。おおげさにいえば「愛している」という感じでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です