002:音声講義「ポッドキャスト★ダイナマイト宅建♪」

2020合格しようぜ!宅建士
第2回:音声講義

part1:宅建業法−1
基本テキストP.028〜031

■宅地建物取引業(宅建業)とは

世間では「不動産業」とか「不動産業者」という言い方が一般的ですが、宅建業法では「不動産業」「不動産業者」という言葉は登場しません。
あくまでも「宅地建物取引業(宅建業)」「宅地建物取引業者(宅建業者)」です。

ポイントは、世間でいうところの「不動産業」と「宅建業」では、あれあれ??
こんな違いがあるのです。

【出題例】

Aの所有する商業ビルを賃借しているBが、フロアごとに不特定多数のものに反復継続して転貸する場合、AとBは免許を受ける必要はない。(h26-26-ア)

○:Aは自己所有の商業ビルをBに賃貸。で、Bはそのビルを転貸。過去問でまいどおなじみの自ら貸主&転貸。いずれも宅建業には該当しないので、免許なんかいらないよー。
(合格しようぜ宅建士! テーマ別セレクト問題集より)

大澤茂雄

投稿者: 大澤茂雄

正直に申します。私は「宅建受験講座」が大好きです。もうちょっと具体的にいいますと、「宅建受験講座」で取り扱う「法律」が好きです。民法をはじめ借地借家法、区分所有法、不動産登記法。そして宅建業法から、都市計画法や建築基準法などなど。おおげさにいえば「愛している」という感じでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です