022:音声講義「ポッドキャスト★ダイナマイト宅建♪」

part1:宅建業法
宅建業法−4
基本テキストP.123〜128

【section1】宅建業者が売主となる場合の制限

1 自己所有に属しない宅地建物の売買契約締結の制限

中古マンションの買取再販。

他人が所有しているマンションを仕入れて(買って)、利ざやをのせて(けっこう派手にね)、一般消費者に売る。

まぁ、これは真っ当な経済活動ですが。

で、ポイントはですね、ちゃんと仕入れてから(他人から取得する契約をしてから)、一般消費者に売ってくださいよ〜。

フライングは禁止。

ちゃんと仕入れてない物件を、一般消費者に売っちゃダメですよ〜。

・・・と、真っ当な話なんですけどね。

大澤茂雄

投稿者: 大澤茂雄

正直に申します。私は「宅建受験講座」が大好きです。もうちょっと具体的にいいますと、「宅建受験講座」で取り扱う「法律」が好きです。民法をはじめ借地借家法、区分所有法、不動産登記法。そして宅建業法から、都市計画法や建築基準法などなど。おおげさにいえば「愛している」という感じでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です