北九州ツアーの続き。炭鉱に行ってみた編。

そりゃもちろん、30年ぶりくらいに訪れたわけだから、そんなにくわしいわけじゃないけど、北九州といえば炭鉱かな、くらいな知識はありますわ。

みなさんもそうでしょ。

だがしかし。
漢字で書くと駄菓子菓子。
2020年4月から民法上の用語として消滅するのは瑕疵。
それを使えば、だがし瑕疵。

・・・・はい、気が済みました。

でね。

ところが、北九州=炭鉱ではなくてですね(すみませんっ!!!)、九州地方の内陸(という言い方でいいかどうかわかりませんけど)にある筑豊地方に、かつて驚くほどの数の炭鉱があって、そこで採掘された石炭が北九州方面に運ばれ、官営八幡製鐵所での製鉄、門司港や若松港から積み出して、とのことらしい。

それを知ったのは、今朝です(笑)。
えー、そうですよ、グーグル先生です。

結局のところ、わたしゃ東京のことしかわからんようであります。
だから、旅。
実際に行ってみないと。

・・・・ということ次第で、小倉駅からディーゼルカーで福岡県田川市にある田川市石炭・歴史博物館に行ってみることにした。
炭鉱跡地にある博物館。

講師大澤茂雄
おーさわ

ちなみに娘2号(高1)に「パパはディーゼルカーに乗っているよ」とLINEしたら「ディーゼルカーってなに?」とのこと。
そして「いま学校だからあとにして」とのこと。

小倉駅から1時間くらいっすかね。

でね。
「炭鉱」っていうと、ほら、八つ墓村(若い衆は知らんですね・笑)の洞窟みたいなイメージ、または、2019年の映画『貞子』主演・池田エライザ(おっさんは知らんですね・笑)の洞窟みたいなイメージだったんだけど。

ぜんぜんちがうんですね。
「街」だったようです。

街の下が炭鉱(という言い方でいいかどうかわかりませんけど)。

炭鉱というと「炭坑節」。
ここが炭坑節の発祥地だそうです。

月がでたでた、月がでた。
あんまり煙突が高いので
さぞやお月さん
煙たかろ

「あんまり煙突が高いので」の煙突がこれのようです。

で、やっぱり、これですよね。
威風堂々。

人や物を、このカゴで地下に運んだり、地下から運び出したりしたんですかね。

展示品もいろいろありまして。
けっこうリアル。

・・・っていうか、本物ですね。

そうそう。
訪れた日は11月だったんだけど、気温が20度くらいありまして。
そしてもちろん平日。

なので誰もいない。

お、炭鉱住宅だ。

こんにちは〜。

・・・あらシゲさん。

ヨネさん、ども。あれ、ダンナは?

・・・・いいじゃない、そんなこと。

この角度が好き。

もう一度いっておきますが。
11月なんだけど20度くらいあったこの日、もちろん平日なので誰もいない。

ぐふふ。

動画はこちら!!

そして気が済んだワタシは、官営八幡製鉄所に向かったのでありました。

大澤茂雄

投稿者: 大澤茂雄

正直に申します。私は「宅建受験講座」が大好きです。もうちょっと具体的にいいますと、「宅建受験講座」で取り扱う「法律」が好きです。民法をはじめ借地借家法、区分所有法、不動産登記法。そして宅建業法から、都市計画法や建築基準法などなど。おおげさにいえば「愛している」という感じでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です