040:音声講義「ポッドキャスト★ダイナマイト宅建♪」

part2:法令上の制限
法令上の制限−1
基本テキストP.215〜217

さて今回からpart2:法令上の制限編でございいます。
問15から問22の全8問。

ちなみに令和元年度での「出題」も例年どおりで、あいかわらずの、がちがち本命の鉄板・銀行レースです。

問15:国土利用計画法
問16:都市計画法(都市計画全般)
問17:都市計画法(開発許可)
問18:建築基準法
問19:建築基準法
問20:宅地造成等規制法
問21:土地区画整理法
問22:農地法

出題も、ほぼ過去問と同趣旨での繰り返し出題〜\(^o^)/。
なので、ここを負け越すと優勝(合格)はありません。
宅建ダイナマイトの調べですが、3勝5敗で合格率はゼロかな(←含みをもたす・笑)

ということで、宅建業法に続きまして、ガンガンやって高得点でぶっちぎり合格をめざしていきましょう。

ちなみにですが。
宅建業法20問中「18点」取れた
法令制限8門中「7点」取れた

・・・となると、これで25点。
さぁ残り22問で「10点」取れればあこがれの「35」だぁ〜\(^o^)/

ということで、法令上の制限編のスタートです。
まずは都市計画法。

今回は「都市計画区域」を取り上げます。
はじめに「都市計画区域」ありき。
とにもかくにも「都市計画区域」の指定がないと、話が始まりませぇ〜ん!!

大澤茂雄

投稿者: 大澤茂雄

正直に申します。私は「宅建受験講座」が大好きです。もうちょっと具体的にいいますと、「宅建受験講座」で取り扱う「法律」が好きです。民法をはじめ借地借家法、区分所有法、不動産登記法。そして宅建業法から、都市計画法や建築基準法などなど。おおげさにいえば「愛している」という感じでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です