066:音声講義「ポッドキャスト★ダイナマイト宅建♪」

宅建ダイナマイト合格スクール
2020年合格しようぜ宅建士 基本テキスト

part2:法令上の制限
法令上の制限−7
基本テキストP.361〜365

【土地区画整理法】

■土地区画整理事業とは
[1]土地区画整理事業のしくみ(段取り)
[2]土地区画整理事業の施行者

土地区画整理事業は道路や公園、広場などの公共施設と宅地を一体的・総合的に整備する事業であり、戦災からの復興をはじめ、大都市から地方都市、そして既成都市の再生と、市街地整備の代表的な手法であり、2017年度末までに全国で約37万haの市街地整備を実施してきている。(国土交通省のホームページより)

以下、広島市のホームページより

広島市の土地区画整理事業は、昭和2(1927)年の組合施行による事業に始まり、戦後は原爆で廃墟と化した市街地の復興のため、行政庁施行(県知事・市長)により戦災復興土地区画整理事業が行なわれ、昭和40年代半ばに約1,093haの整備が完了しました。

戦災復興土地区画整理事業は、広島市の戦災復興事業のうちの一つであり、原子爆弾によって壊滅した市中心部の半径2kmに及ぶ面積約1,520haを対象として、その区域を二分し、西部を広島県知事、東部を広島市長が施行することとして計画されました。
最終的に施行面積は1,093haに縮小されたものの、文字どおり戦災復興事業の根幹を成すものであり、今日の本市の発展の礎を築いた一大事業でした。

大澤茂雄

投稿者: 大澤茂雄

正直に申します。私は「宅建受験講座」が大好きです。もうちょっと具体的にいいますと、「宅建受験講座」で取り扱う「法律」が好きです。民法をはじめ借地借家法、区分所有法、不動産登記法。そして宅建業法から、都市計画法や建築基準法などなど。おおげさにいえば「愛している」という感じでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA