【1週間で宅建】3日目:法律用語の使い方・読み方★1週間で宅建士の基礎が学べる本

1週間で宅建士の基礎が学べる本

宅地建物取引士へのはじめのいっぽ。
受験勉強をはじまる前に、受験のコツと試験の攻略法を身に着けよう!

〈パーソナリティ〉
宅建ダイナマイト合格スクール校長:大澤シゲオ

〈アシスタント〉
宅建ダイナマイターズ:ココ

3日目:法律用語の使い方・読み方
【1】本試験での問題文は、法律用語が駆使される!!
【2】この用語はこういう意味
2-1:及び、並びに、かつ
2-2:又は、若しくは
2-3:係る、関する
2-4:場合、とき
2-5:以上、超える、以下、未満
2-6:直ちに、速やかに、遅滞なく
2-7:しなければならない、することができる
2-8:推定する、みなす
2-9:やむを得ない理由(事由)、正当な理由(事由)
2-10:妨げない、この限りではない

大澤茂雄

投稿者: 大澤茂雄

正直に申します。私は「宅建受験講座」が大好きです。もうちょっと具体的にいいますと、「宅建受験講座」で取り扱う「法律」が好きです。民法をはじめ借地借家法、区分所有法、不動産登記法。そして宅建業法から、都市計画法や建築基準法などなど。おおげさにいえば「愛している」という感じでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA