ドコたく総合学習ゼミも、そろそろ民法を取り上げる時期になりましたっ!!!

さぁさぁ、宅建業法からはじめて、次に法令上の制限編と、「勝つための宅建講座」を展開しておりますドコたく総合学習ゼミですが、今回の6月8日(月)からは権利関係でごさいますっ!!

もちろん音声講義「ポッドキャスト★ダイナマイト宅建♪」を聞いてくださっている宅建ダイナマイターズのみなさんなんですけど、今回はあらためて、民法とは!!

権利関係とは人間関係と財産関係!!
いちおう、わかりやすくなるかなと思いまして、イメージ化大作戦!!!

債権債務は人間関係!!

そして財産関係!!

講師大澤茂雄
おーさわ

あらためて、私的所有権・所有権絶対の原則などを講義しちゃったのでありました。

今回は、債権債務(人間関係)での契約の成立というカテゴリーを取り上げてみまぁーす。

さて、権利関係といえば民法。
民法といえば改正点。

で、まいどおなじみのことではありますが、宅建ダイナマイト合格スクールとして、今回の膨大な民法の改正点なんだけど、宅建試験での出題が予想される民法の改正部分を「ベスト19」としてピックアップ。

その「ベスト19」を「必勝61ポイント」に整理して、ここからいくつか出題されるだろうとにらんでおります。

出題が予想される改正点は「新ネタ」としてお届けしますっ!!!

今回だと、まぁとりあえず3条の2の「法律行為の当事者が意思表示をした時に意思能力を有しなかったときは、その法律行為は無効とする」の新設規定からはじめて、改正点ではないものの、成年被後見人と被保佐人は押させておこうかと。

次に意思表示。
もう、ここは大本命ド定番の錯誤でしょ。

で、錯誤はまるっきり新しくなっちゃったので、新ネタでございます。

過去問にはもちろんないフレーズだけど、たぶん、こんなかんじかなと。
まずは「定番」をしっかり押さえておきましょう。
ということで、いくつかの新ネタ(改正点での予想出題ポイント)をご案内したのでありました。

次に代理。

改正点のうち、「宅建試験」として問題を作りやすいのはどれか、となると、そうだな、まずはこれかな。

代理権の濫用
107条です。

これは過去問にはないので、新ネタとしてのご提供でございます。

あとは無権代理はどうかなー。
117条。
いちおう、ここも押さえで買っておきましょう〜\(^o^)/

などなど。

まぁそんなことと次第で、今回もワーキャー楽しく講義をすることができました。
ご参加くださいました宅建ダイナマイターズのみなさん、どうもありがとう。

これからもうちょい、いっしょにふんばって、この秋、でっかい成果を作りましょうね〜!!!
合格祝賀会飲み会での再会、楽しみにしています。

ではまた次回。
6月15日にお会いしましょう!!!

このへんをやりましょう

大澤茂雄

投稿者: 大澤茂雄

正直に申します。私は「宅建受験講座」が大好きです。もうちょっと具体的にいいますと、「宅建受験講座」で取り扱う「法律」が好きです。民法をはじめ借地借家法、区分所有法、不動産登記法。そして宅建業法から、都市計画法や建築基準法などなど。おおげさにいえば「愛している」という感じでしょうか。