夏色の「フレッシュアップ宅建」も楽しいよぉ〜♪

さて8月。
夏は宅建受験シーズン真っ盛り!!

みきち&よっしーwithおーさわ校長で春先よりお送りしておりますフレッシュアップ宅建も、8月に入りまして、さらにさらに絶好調に楽しい宅建講座となっております。

講師大澤茂雄
おーさわ

宅建ダイナマイターズのみなさん、どうもありがとうございます!!

8月1日の第1土曜にお送りしたメイン講座に引き続き、8月4日(火)のフォロー講座では、【問25】対策スペシャルをお送りしました。

例年の【問25】は地価公示法か不動産鑑定評価。
さぁ令和2年はどっちだっ!!!

【出目表】過去10年間★地価公示法/不動産鑑定評価

R1H30H29H28H27H26 H25 H24H23H22
地価鑑定地価鑑定地価地価地価鑑定地価鑑定

傾向と対策(レース展望)

過去10年で見てみると、平成25年度〜平成27年度は3年連続の地価公示法の出題だった。
というか、平成26年度は「不動産鑑定評価」のはず(←日本全国の「有象無象の宅建受験講座&宅建講師」の予想)だったのだが、裏をかかれましたっ!!
やるなー試験機構&出題者。
あっぱれ。
令和2年は、順当にいけば不動産鑑定評価だが、地価公示法での「勝負」となる可能性あり。

地価公示法・不動産鑑定評価での正解率

カテゴリーH30/不動産鑑定評価H29/地価公示法
合格組31%67%
惜敗組
(1〜3点不足)
20%71%
なんちゃって受験組
(30点〜25点は取れた)
21%37%
人生はヤマカン組
(24点〜20点以上は取れた)
20%34%
どうしたらそうなる組
(19点以下)
18%15%
宅建ダイナマイト合格スクール調べ(某大手業者の協力を受ける/調査数約150名)

平成30年の「不動産鑑定評価」は、選択肢1の「最有効使用の原則」がわかれば得点できたが、この「最有効使用の原則」は、いわゆる初見問題(過去に出題のない表現&内容)だったため、ほとんどの受験生がヤマカンとなった模様。
合格組は、そんななかでも文章をよく読んだ(というか、そもそも「文章をよく読める人=読解力がある人」が合格する試験ともいえる)結果、粘って得点できた方もあったと思われる。

平成29年の「地価公示法」は、過去に出題された内容での繰り返し出題であったため、合格組と惜敗組は見事に得点した。
なんちゃって受験組以下は、やはり「なっちゃって受験・人生はヤマカン」であるため、30%台の正解率に留まる。つまりはその本領を発揮した結果、ヤマカンで散ったといえよう。

ということで、フレッシュアップ宅建では、不動産鑑定評価が出題されても、粘って得点していこうという方針

地価公示法で勝負となった場合を考え、マニアックなところ(定番ではないが出題の可能性がある項目)を押さえておこうという方針

ということで、みなさんがんばりましたっ!!
次回のフレッシュアップ宅建は、8月15日(土)14時〜17時でのライブ配信となります。

8月15日(土)のカリキュラム

  • 【問46】対策:住宅金融支援機構
  • 【問47】対策:景品表示法
  • 【問48】対策:統計数値
  • 【問49】対策:土地の形質等
  • 【問50】対策:建物の構造等

フォロー講座は8月18日(火)19時30分〜21時です。

ではまたお会いしましょう。
暑くて熱い夏!!
この秋、でっかい成果をいっしょにつくりましょうね。
これからも盛り上がっていきましょう!!!

大澤茂雄

投稿者: 大澤茂雄

正直に申します。私は「宅建受験講座」が大好きです。もうちょっと具体的にいいますと、「宅建受験講座」で取り扱う「法律」が好きです。民法をはじめ借地借家法、区分所有法、不動産登記法。そして宅建業法から、都市計画法や建築基準法などなど。おおげさにいえば「愛している」という感じでしょうか。