【引用してみます】「儲けのルール7★成功するためには長時間労働が不可欠〜弱者の時間戦略〜」

上位15%

宅建試験に合格するためには(=上位15%に入るためには)、自分より「できない人」が85%いればいいワケなんだけど、ところが世の中、そうそう自分に都合いいことだけが起こることもないですしね。

受験者が20万人とすれば、上から3万人(上位15%)まで。

「上位15%」を高校のときの教室で思い出してみると(かなり前できごととなる方は思い出すのもたいへんだが)、いるでしょ、天才・秀才クラスのお友だちが。

ちょうど、上位15%くらい(40人教室だったら5人か6人)だったんじゃないかなと。

そうなんですよ、彼ら彼女らは、読解力に優れているのです。
アタマがいい=生まれ持った天性の才能(読解力)が違う。

がしかし。
そんな天才・秀才は宅建試験を受験するだろか。

しないです(独断と偏見で断言〜笑)

きっと彼ら彼女らは、もっともっとむずかしい話、もっともっともっとむずかしい試験にチャレンジしているであろう(と信じる)。

ちょいと話がそれるが、こないだ、新宿の古刹で座禅を組んでいたとき、僧侶から「ご縁」という話をいただいた。

自分にとって都合の悪い人とは出会わない、というのも「ご縁」なのだそうだ。

なるほどな。
そういう意味では、ワタクシは、たいへん「ご縁」があった。
出会わないでくれてありがとうございます、と、誰に言ったらいいのかよくわからないのですが、この場を借りまして、感謝の言葉を述べさせていただきます。

弱者の時間戦略

さて、ふつうの人たちが、上位15%にのし上がるために、なにがいちばんだいじなことかというと「時間」らしいです。

ワタクシの愛読書から引用させていただきますと。

弱者の時間戦略
成功するためには長時間労働が不可欠

成功を合格と置き換えてみたりするといいかも。

天才はいいんです、長い時間働かなくても。
でも、凡人は働く時間が年間3200時間以上でないとダメです。独立する場合、とくに最初の5年間は年間3700時間以上必要です。

〜途中略〜

一つの分野で考えて考えて、一つの狭い分野でものすごい時間を投入しないと、人のできないものを身につけることはできません。

途中略〜

とにかく、天才以外の凡人が人より抜きんでて豊かな人生、経済的に豊かになるには長時間労働が不可欠なんです。これを正直に書いているビジネス書や経済書は非常に少ない。

いかに時間を効率的に使うかなんて本はたくさんありますが、それは質の分野。ふつうの人は、まず時間の絶対量を増やさねば質も上がりません。

小さな会社★儲けのルール 255頁

深夜の中華料理店にて

そういえば、かつて、某大手専門学校で「自称:人気講師」を名乗っていたあのころ、同僚の人気講師MK嬢と、深夜、三●園という中華料理屋でビール&ザーサイを楽しんでいたとき、「ワタシたちの合格指導って言ったってさぁ、結局さぁ〜、その人に時間があるかどうか、なのよね」と言っていたことを、思い出しました。

今回は以上です。

大澤茂雄

投稿者: 大澤茂雄

正直に申します。私は「宅建受験講座」が大好きです。もうちょっと具体的にいいますと、「宅建受験講座」で取り扱う「法律」が好きです。民法をはじめ借地借家法、区分所有法、不動産登記法。そして宅建業法から、都市計画法や建築基準法などなど。おおげさにいえば「愛している」という感じでしょうか。