076:音声講義「ポッドキャスト★ダイナマイト宅建♪」

宅建ダイナマイト合格スクール
2020年合格しようぜ宅建士 基本テキスト

part3:権利関係
権利関係−2
基本テキストP.422〜426

代理制度。基本的なしくみ

■代理のしくみ
[1]代理行為の要件及び効果
[2]代理人が詐欺を受けた場合など
[3]代理人の行為能力
[4]代理権の濫用
[5]自己契約及び双方代理等
[6]代理権の消滅

075:音声講義「ポッドキャスト★ダイナマイト宅建♪」

宅建ダイナマイト合格スクール
2020年合格しようぜ宅建士 基本テキスト

part3:権利関係
権利関係−2
基本テキストP.416〜421

意思表示。その言葉ホント?

■意思と表示が合致していないとき
[3]錯誤
[4]詐欺
[5]強迫

074:音声講義「ポッドキャスト★ダイナマイト宅建♪」

宅建ダイナマイト合格スクール
2020年合格しようぜ宅建士 基本テキスト

part3:権利関係
権利関係−2
基本テキストP.411〜415

意思表示。その言葉ホント?

■意思と表示が合致していないとき
[1]心裡留保
[2]虚偽表示

073:音声講義「ポッドキャスト★ダイナマイト宅建♪

宅建ダイナマイト合格スクール
2020年合格しようぜ宅建士 基本テキスト

part3:権利関係
権利関係−1
基本テキストP.404〜410

■制限行為能力者制度
[3]成年被後見人との取引
[4]被保佐人との取引
[5]被補助人との取引
[6]制限行為能力者の相手方の催告権

■ザンネンながら取消しができなくなる場合
[1]詐術。だましのテクニック
[2]法定追認となる場合
[3]取消権の消滅時効

072:音声講義「ポッドキャスト★ダイナマイト宅建♪」

宅建ダイナマイト合格スクール
2020年合格しようぜ宅建士 基本テキスト

part3:権利関係
権利関係−1
基本テキストP.400〜403

■制限行為能力者制度
[1]「無効」と「取消し」のちがいについて
[2]未成年者との取引

071:音声講義「ポッドキャスト★ダイナマイト宅建♪」

宅建ダイナマイト合格スクール
2020年合格しようぜ宅建士 基本テキスト

part3:権利関係
権利関係−1
基本テキストP.397〜399

■はじめにトラブルありき
[3]契約の成立
[4]・・とその前に、宇宙人と取引できますか?

070:音声講義「ポッドキャスト★ダイナマイト宅建♪」

宅建ダイナマイト合格スクール
2020年合格しようぜ宅建士 基本テキスト

part3:権利関係
権利関係−1
基本テキストP.393〜396

民法ってどんな法律?

■はじめにトラブルありき
[1]判断基準を民法におく
[2]契約するから債権債務が発生するのだ

069:音声講義「ポッドキャスト★ダイナマイト宅建♪」

宅建ダイナマイト合格スクール
2020年合格しようぜ宅建士 基本テキスト

part2:法令上の制限
法令上の制限−7
基本テキストP.380〜392

【国土利用計画法】

■事後届出制度
[1]事後届出制度。買主側に義務があり
[2]事後届出制度での届出事項・勧告制度

■事前届出制度・許可制度

■その他の法令上の制限

(前回からの続き)

たまに“昭和の時代”というようなコンテンツを見ると「なるほどな」と思うこともある。それは、“当時はまだニッポンは発展途上国だった”という事実。実際、当時の日本の社会資本の立ち後れは決定的だった。だから「列島改造」という言葉、いや言霊とでもいったほうがいいか。それが国民に強烈な夢を与えたということもできる。「豊かになろう」という夢だ。

それでもって、全国的効果を期待する高速道路、国際空港、国際港湾(新東京国際空港,青函トンネル)などが、広域ブロック単位での効果を目指す国道、地方空港、大規模工業基地などが、生活圏の基盤強化を目指す都市計画道路、下水道などなど、次々に大規模プロジェクトが行われたそうな。

で、結果的に、全国的に地価高騰の狂乱ドンチャン騒ぎが繰り広げられることになった。それで国土利用計画法。地価高騰を抑えるために緊急立法。売却価格があまりにも高額な場合や、土地利用目的がいい加減(投機的取引)な場合、役所は「取引をやめろ」というようなことができた。具体的には許可制度と届出制度が用意されたのだった。

(昭和62年5月21日 第108回国会 建設委員会にて)

《天野建設大臣(当時)》

国土利用計画法そのものは、御存じであろうと思いますが、田中内閣ができまして日本列島改造論にあおられて、ブームに乗っていま、中村先生(※)がおっしゃったような狂乱土地値上がりということになったわけでありまして、政府が余り手をつけようとしていなかったものですから、それでは我々でやろうじゃないかというので社会党、公明党、民社党と話し合いをいたしまして共同で提案をして、今の国土利用計画法をつくったわけであります。

同世代のみなさん。
当時は中曽根内閣でしたよね。
で、天野大臣がおっしゃる「中村先生」とは、あの、例の、ほら、元建設大臣の中村喜四郎さん。
で、この委員会のメンバー、じつはおもしろかったりする。
かつての小泉内閣での、あの『衆議院“仁義なき刺客選挙”』で「郵政民営化ハンターイ」をぶち上げ「男の花道だぁ~」とプロレスラーみたいなことを言っていた綿貫民輔センセーが国土庁長官(当時)で出席。
それに中村喜四郎さんでしょ、そして鈴木宗男さんもいたのだ。
すごいメンバー。
燃える土建魂!
全開バリバリ!

068:音声講義「ポッドキャスト★ダイナマイト宅建♪」

宅建ダイナマイト合格スクール
2020年合格しようぜ宅建士 基本テキスト

part2:法令上の制限
法令上の制限−7
基本テキストP.376〜380

【国土利用計画法】

■地価高騰を抑えるのが主目的!?
[1]地価が下落しているときは無意味な法律?

■事後届出制度
[1]事後届出制度。買主側に義務があり

昭和49年に制定された法律で、略して“国土法”と呼ばれたりする。
目的には「土地利用の調整」だとかきれいごとが混ぜられているけど、コンセプトは地価凍結法。
地価高騰と戦うために緊急立法された。
国土法施行に伴い設立された運営官庁が、いまは懐かしい「国土庁」。

そもそもは、1972年(昭和47年)に田中首相が誕生したことが端緒となる。そのときからいろいろ楽しいことが起こり始めた。そう、日本列島改造論。公共投資をバンバン行い、土建土建土建! いまの道路公団をはじめ各種の土木工事系の団体が、いちばんきらめいていた時代だ。ニッポン人の“土地大好き魂(DNA)”に火がつき、評論家が“一億総不動産屋”と揶揄したりした。

日本列島改造論の下地となったのが、新全国総合開発計画(新全総)。1969年に当時の佐藤内閣によって定められた。新全総の基本目標は全国を7ブロックに分け、“全国土の均衡のとれた拡大(開発)”であり、札幌-東京-福岡の2,000kmを交通・情報通信を主軸とする国土開発を行うことにあった。ワクワクするような時代(だったみたい)。

【3月7日(土)無料開催!】調子に乗って、春の受験対策Web講座の第2弾!

講師大澤茂雄
おーさわ

前回の「おっぱじめ」が盛り上がったので、調子に乗って第2弾。「もうすぐ桜だ!桜を見るかい?宅建ダイナマイト★春の受験対策おっぱじめ!」

講師みきち
みきち

たしかに調子に乗ってますね!!

講師よっしー
よっしー

でも、せんせーのいいところって、調子に乗ることくらいだし(笑)

講師大澤茂雄
おーさわ

調子に乗ったついでに、予想屋ケンちゃんも登場だぁ〜

講師みきち
みきち

でたー。でもまぁ、春だしね。春なんだからやりたいことをやってもらえればと、私たちは達観しております(笑)

講師よっしー
よっしー

土地の価格が上がるか下がるか、儲かるか??
予想屋ケンちゃん、がんばって〜!!

・・・ということで!第2弾です!
2020年合格を目指す受験生の皆様に向けて受験勉強スタートダッシュ講座!

宅建ダイナマイト 春の受験対策おっぱじめ!【第2弾】

■日時:2020年3月7日(土) 16:00〜17:00(最大17:30)

 ※15:30より通信テストのため配信を行います。コンテンツ開始は16:00です。

■場所:Web配信のため、どこからでも参加自由!
 今回は「ネクプロ」での配信となります。

■内容前半:宅建ダイナマイトLive講義
「宅建奪取!春からダッシュ!宅建試験 必勝合格大作戦」
春から勉強をスタートさせる方も多いはず。
まずは不動産に興味を持ってもらえれば!!
3月中旬に公表されます「公示価格(地価公示)」がどうかなるか、講師歴30年の大澤が「予想屋ケンちゃん」に変身して、エンタメ全開でワーキャーしながら話します。

■内容後半:ネット飲み会
「以前は落ちた、今年は受かった!
 宅建ダイナマイターズ合格者のうれしはずかしインタビュー祭り」
2019年合格者を中心に、合格者の生の声をインタビュー!
合格者さんが来てくれないと成り立たないので、ぜひご参加くださいね!笑
今年受験する方、合格者のアドバイスは必聴です!

講師大澤茂雄
おーさわ

ぜひお気軽にご参加ください!
みんなでワーキャーやりましょう\(^o^)/