宅建ダイナマイト合格スクール

【宅建ダ】《問題》24節気が宅建試験に出題されたことがあるでしょうか《答》あります。

写真は、新宿大ガードからの空。
今年の小満(しょうまん)は5月21日だとか。

24節気でいうところの小満(しょうまん)を過ぎ、いよいよ夏ですね。

 

【小満】(しょうまん)〈新明解国語辞典(第8版)より引用〉

「二十四(節)気の一つ。太陽暦5月21日ごろ。草木が繁茂して天地に充満する時分の意」

 

ここ新宿ですと、草木が繁茂して・・というイメージではないけど、まぁ、そっか、そういう時期というか、空気感というか。

約15日ごとに季節が変わっていくという24節気、個人的にはしっくりくるかなと。

ちなみに、このあと、24節気はどういう展開になるかというと。

 

【芒種】ぼうしゅ〈新明解国語辞典(第8版)より引用〉

「二十四(節)気の一つ。太陽暦6月6日ごろ。稲を植える時分の意」

 

そして、【芒種】の次にやってきますのが、おまたせしました、【夏至】です。

 

【夏至】げし〈新明解国語辞典(第8版)より引用〉

「二十四(節)気の一つ。太陽暦6月22日ごろ。北半球では昼が最も長く、夜が最も短くなる」

 

ちなみに、この【夏至】の真逆(反対)が【冬至】です。

で、ここから強引に宅建試験の話にもっていきますが、ま、もっていかなくてもいいんですけど、ある種の趣味なもんですからもっていきますと、さて問題。

 

 

《問題》
この「24節気」が宅建試験に出題されたことがあるでしょうか。

 

《答え》
ある。令和2年10月の宅建試験【問18】です。選択肢4。

【問18】建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

4 日影による中高層の建築物の高さの制限に係る日影時間の測定は、夏至日の真太陽時の午前8時から午後4時までの間について行われる。

 

【夏至】じゃなくて【冬至】だよね。

で、この選択肢の解説、じつは以下が当初案。

でもね、さすがにこれだとアレかなと思ったので、いまみなさんのお手元の問題集にあるとおり、とても無難で短めな、ある意味、まったくおもしろみのない解説としてしまいました。

せっかくですから、では、原案・当初案を。

 


原案・当初案

それにしても、笑える選択肢ですねー(笑)。
ギャグっぽいです。
どの試験委員が出してくれたのでしょうか。
ナイスな出題です。

できれはお会いして、以下のような会話をしたいです。

オレ:あれは冗談ですよね。
委員:ええ、もちろんですよ。

オレ:あはは、ですよね。
委員:そりゃそうですよ、夏至日を「正しい」とする人なんて、そりゃいませんよ。

オレ:あはは、ですよね。
委員:でも、笑ったでしょ。

オレ:そりゃもう。
委員:あれを「正しい」とした人がいたら、顔を見てみたいです。

 

・・・オレは出題した試験委員の顔を見てみたい(笑)

 

日影時間の測定はさ、いちばん条件が悪いときじゃないと、意味ないでしょ!!

夏至日だってさ。
あは〜\(^o^)/
夏至日での日影時間だと、こんなふうになる。以下、独白の小芝居にて。

 

日影なんかあんまりないということでしたので買いました。
うれしかった。
だって、あこがれのマイホームだったんです。

ベッドルームにはピンクのカーテン。

リビングにはちゃぶ台にしようかな。

ね、ね、イケヤにいこー!!!
わーい。

ワタシたちはシアワセでした。

・・・秋までは。

そして冬。
いま、ワタシたち、真っ暗です。

 

というアホな状態になる。
冬至日のときの日影時間だっちゅーの(笑)
ちなみに。

【冬至】(とうじ)〈新明解国語辞典(第8版)〉

「二十四(節)気の一つ。太陽暦12月22日ごろ。北半球では、一年じゅうで昼が最も短くなる」


 

・・・以上、ここまでが原案・当初案。

 

そうなんです。
たった一つの選択肢の解説にしては、アレなんです、長すぎです(笑)

2021-05-25 | 徒然草★ダイナマイトな日々