宅建ダイナマイト合格スクール

【宅建ダ】オッサン恐怖症に罹患して。対人恐怖症の一種かと思われ心療内科に通院すべきか

たとえば新橋あたりでの、同世代のオッサンとの飲み会が苦痛でたまらん。

恐怖症だ。

おかしいなー。
コロナ前まではふつうだったんだけどなー。

どうしてだろう。

 

 

・・・思い当たることが、ある。

ガンマGTPやら、HBAICやら、総コレステロールやらが軒並み危険水域に達していた2020年〜2021年。

近所のかかりつけ女医が、自治体実施の無料健康診断の結果を見て「あー、なんとかしないといずれ死ぬよ」というので(いまふと気づいたが、人はいずれ死ぬが)、ま、そんときは「死んでもいいかな」と思いつつ。

・・・だかしかし(駄菓子菓子)。

そこに救世主的に、というとかっこいいが、ふつうにいうと、たまたま知り合いを通しての紹介だが、ひのきPが突然現れ、いっしょに宅建ダイナマイトをやってみっかという話になり、「あ、となるとまた、それはそれで楽しくなるかも」という、われわれオッサンにいちばん必要な「明日を生きる意欲」みたいなことを感じたので、酒をやめてみた。

そしたら体重が減って、健康になった。

それからだな。

でもね、最初は、

「ノンアルコールビールとはなったが、いままで楽しかったのだから、いまも飲み会は楽しいにちがいない」と思っていた。

根拠としては以下。

酒を飲まない人も飲み会に来てたしな。

きっと彼ら彼女らも楽しいから酒も飲まずに「飲み会」に来てたのだろう。

 

・・・と思って何回かオッサンらと飲み行ってみたが、これがとてつもなくつまらない。

 

つまらないどころか、つらい。

なぜつらいか。

酔っ払って、連れの女性らに下ネタを連発しているオッサン(要は友だち)をみて、「あーオレもこうだったんだんだ」と思い当たる節が、かれこれ40年ほど蓄積。

 

いまここで、この場を借りまして、お詫び申し上げます。

いい気になって酔っ払ってたオレに、いろんな意味でお付き合いくださいましたすべての女子たちよ、すまぬ。すまなかった!!!!!!!!!

 

オッサンの下ネタを素面で味わうのって、こんなに気持ち悪かったんだ。

それにしても、楽しげなオッサン。

目の前の酔っ払っている、つまりは友だち。

 

ちなみにですが。

ノンアルコールビールとか烏龍茶とか、そんなにガバガバ飲めないもんですね。

連中の生ビールのお代わりのタイミングでつきあっていると「水攻め」されてる気分。

水毒というらしい。

 

そんなこんなで、以来、オレは、オッサン(の下ネタ)恐怖症に罹患した。

 

・・・という話をの娘2号(次女・大学生)に言ったら「パパ、そういうのって、同族嫌悪っていうんだよ」とのこと。

そっかー同族嫌悪かー。

 

・・・と、そういうことと次第で、娘にも嫌われたくないので、人生めったにないことなんだが反省をし、心を入れ替え、そしてオレは、こうして生まれ変わった。

 

いまやオレは清々しい。

 

そんな感じで、生まれ変わったオレは、その日、某大学の喫茶コーナー(テラス席)で、スクールカウンセラーを生業としている某女子とお茶をしていた。

いまの学生に自分の将来の「夢」を楽しく語ってもらうにはどうしたらいいか、みたいな話になった。

 

ギラっと夏日。

彼女の夏服が素敵だ。

ここちよい風がときたま彼女のスカートを揺らす。

 

足を組み替えた彼女はこういった。

 

自分のやりたいことを明確にイメージしてもえたらいいかなと思うんだけどなー。

・・・あー、なるほどですね。

でも、意外とむずかしいみたいなんですね。

・・・あー、なるほどですね。

ね、バブル世代の方って、そういうのって得意だったりします?

・・・まー、そうですね。人によりますね。

ちなみにいま、どんなことをしたかったりします?

・・・え、急に言われてもなー。

まずは自分の心に、素直に、思いつくままに。ぜひ。

 

スカートめくり、と言ってしもーた。

 

2022-07-12 | 【What's New】