宅建ダイナマイト合格スクール

【宅建ダ】自由律俳句のつもりだよ『夏至だけど雨』「夏至」が宅建試験に出てたよね(笑)

6月21日は夏至です。

そっかー夏至かー。

夏が至る。

 

夏至とは(新明解国語辞典第8版より引用)

二十四(節)気の一つ。太陽暦六月二十二日ごろ。北半球では昼がもっとも長く、夜が最も短くなる。

 

夏至の反対(っていう言い方でいいのかな)は冬至。

新明解国語辞典(第8版)によると『二十四(節)気の一つ。太陽暦十二月二十二日ごろ。北半球では、一年じゅうで昼がもっとも短くなる』です。

で、夏に至る「夏至」のほうなんだけど、かつて宅建試験に出題されたことがあって、けっこう笑えるんだけど、それはこれ。

 

令和2年10月宅建試験

【問18】建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

4 日影による中高層の建築物の高さの制限に係る日影時間の測定は、夏至日の真太陽時の午前8時から午後4時までの間について行われる。

誤り:夏至じゃねーつうの。日照条件がいちばんわるい冬至日だっちゅーの(笑)

日影による中高層の建築物の高さの制限に係る日影時間の測定は、「夏至日」ではなく「冬至日」の真太陽時の午前8時から午後4時までの間について行われる。
(56条の2、基本テキストP.321)

 

この問題の解説も含め、スタンドFM『宅建おじさんの部屋』
いきなり再開(笑)

 

真夏のガンガン太陽だったら、日影になってくれたほうがうれしいかも。

そんな夏至を、オレが書いた小説(オレは小説家でもあるのだ!!)でもネタにしてある。

 

非ベストセラー★絶賛絶版中

宅建受験小説 女子大生ナナミの挑戦
〜読めば宅建の勉強が楽しくなる〜

「世界一おもしろい」カリスマ宅建講師が届ける愛と感動の不動産ストーリー!

・・・という「帯ふうのデザイン(当時、オレたちは帯偽装と呼んでいた)」の、帯ふうの惹起文言が、あはは、いま自分でも笑える。

 

 

第2章

【法則8】日照は冬場を意識せよ

夏の陽射しにだまされた。あの、冬は真っ暗なんですけど・・・

 

でね、この小説なのだが、【法則】が13あります。

つまり、全13話。

なぜ13話にしたかというと、テレビドラマ化されたとき、だいたいワンクール13話かなと思ったので、つまりオレは、テレビドラマ化されることを前提として、この【非ベストセラー★絶賛絶版中】の『宅建受験小説 女子大生ナナミの挑戦』を執筆したのでありました。

2011年に出版。

あれから11年。

ということは、今日現在で、構想11年。

時は来たそれだけだ。(by 橋本真也)

来年、宅建受験挑戦シリーズの続編を出しますが、今度の主人公は45歳の女性です。

 

2022-06-21 | 【What's New】