宅建ダイナマイト合格スクール

【宅建ダ】どう見ても建築基準法上の道路になっていると思うのだが「私道進入禁止」って?

きょうは「街宅建」です。

見て見て!!

道路にペイント「私道 進入禁止」。

なんじゃこりゃ。

 

「私有地につき立入禁止」という看板というか、プレートっていうのかな。

その類はよく見かけますけど。

こんな感じのね。

 

 

まぁこちらは、「あ、たしかにここから先は私有地だ」という、敷地感(←っていう言葉はないんでしょうが・笑)があるから「あ、立ち入り禁止なんですね」と素直に納得できる。

だがしかし。

これって、どう見ても道路だろ〜!!

敷地感はまるでなく、ごらんのとおり道路感(←だからこういう言葉はないんだってばっ・笑)。

ちょっと引き気味でとると、左側にコジャレた、たぶん賃貸物件かな。

 

この「私道 進入禁止」とペイントされている、道路感がある道っぽい土地(という言い方もなんか変だが)が、ほんとに道路じゃなくて単なる土地(敷地)だというんだったら、まぁ進入禁止というのもアリはアリなんだけどね。

でもね・・・。

この道が建築基準法上の道路となっているのであれば、つまり「道路」なんだから、土地自体が私有地だとしても、道路としての機能が優先される。

つまり、所有者だからといって、こんな子どもじみた「とうせんぼ」とかできないのだ。

権利の濫用っていうやつですね。

それにしても。

まぁここまで手間ヒマかけて、カネかけて、こんなふうに道路にペイントまでするんだから、「進入禁止」を主張している方の「相当な憎悪」を感じる。

 

怖い怖い!!

きゃー!!

めんどくさそうなオッサン(←と決めつけるのは同族嫌悪だから・笑)が出てきそうだ!!!

 

・・・とはいえ、まぁいろんな事情があったのだろう。

 

もちろん、どんな事情があったのかはオレは知らんけど、なんか興味をもってしまったオレは、この場所をGoogleマップのストリートビューであらためて見ることにした。

なぜならば。

みなさんもご存知だとは思いますが。

Googleマップのストリートビューでその場所の過去の写真も閲覧できるって知ってた?

なんかこのへんてこな「道路」に興味をもってしまったオレは、この機能を使って、ここの過去を閲覧してみることにした。

すると・・・。

いちばん古いのが2008年だった。

道路の左側は、いまのコジャレた賃貸物件ではなく、古びた民家だ。
朽ち果てそうだ(←余計なお世話だ・笑)。

で、問題の道路のペイントだが。

ない。

次が2013年。

道路のペイントは、ない。

2014年もあった。

この年も、ない。

2015年。

ない。

そして2016年。

道路の左側にあった古びた民家が取り壊され、建築工事が行われている。

やべ、知ってる建設会社だ(看板があった)

で、この時期からなのだ。

道路のペイント。

じゃじゃーん。

ありましたー。

そっかー。

たぶん、この建築がらみで、なんらかのトラブルがあったのか。

そして2020年。

いまと変わらずのペイント。。

ちなみに、この道路(どうみても道路だよね。道路沿いに駐車場もあるしね)の向こう側まで歩いてみた。

 

 

ご丁寧に、反対側にもペイントがあった。

 

 

なにがあったのでしょうか!!

2022-07-15 | 【What's New】